顔のしわの原因と
その対策について

紫外線の影響

ほうれい線や目尻のしわなどの原因には紫外線の影響が指摘されています。こちらは真皮という肌のハリを支える部分が、紫外線のダメージによってコラーゲンが減少してエラスチンが劣化していきます。そのため、皮膚に弾力が無くなってしまい、若い頃は表情を戻せば消えていたはずの顔のしわが残ってしまうのです。

そのため、紫外線に対するケアが顔のしわへの対策に重要なポイントを握っています。出かけるときには日傘など、日差しを避けるようなアイテムを使ってください。また、目から入る紫外線が肌全体に影響を及ぼすとも言われているので、サングラスの着用も推奨されています。このような取り組みをすることによって、美容液などのスキンケアにも影響を及ぼします。肌の劣化やしみ、くすみなどにも関係が深い紫外線。そのケアをしっかりと行うことで、しわのない美しい肌を手に入れることができるのです。

顔のしわの原因として紫外線の影響があげられることがあります。これは、紫外線がコラーゲンを減少させてエラスチンを劣化させるためです。潤いをなくした肌は表情しわが戻らなくなってしまい、顔中にしわを作り出します。そのため、外出するときには紫外線を避けるアイテムを使用するようにしましょう。